掛上税理士事務所

           Kakegami Tax Accountant office


 

また、1つのレシートで軽減税率8%と標準税率10%が混在するパターンもあります

    

以上のことを踏まえ、御社での経理処理にどのような影響がでてくるかをみていきたいと思います。

10月からは帳簿及び請求書等の記載と保存方法が変わります。

具体的には、軽減税率対象品目の仕入れ(経費)がある場合、これまでの記載事項に加えてその仕入れ(経費)が軽減税率対象品目なんだ、と記載する必要があります。

なんだか面倒くさい・・・食品と書いたら軽減税率8%が適用されるんだから分かるだろう...と思われるかもしれません。しかし、前ページの図を再度ご確認ください。食料品や飲食であってもその内容と形態によっては、8%が適用される場合と10%が適用される場合があり、その文言だけでは区別がつかないのです。


            ご質問等がございましたらお気軽に掛上税理士事務所までお電話ください!


TEL 072-923-2000 


掛上税理士事務所〜八尾・東大阪の身近な税理士〜

法人決算、個人確定申告、相続税・贈与税申告、税務調査、新規法人設立、開業支援・・・あなたの力になります!
               出張範囲 八尾 東大阪 柏原 松原 大東 富田林 大阪市 堺 吹田 高槻 守口 枚方 茨木 寝屋川 羽曳野 門真 藤井寺 四条畷 交野 生駒市 奈良市 和歌山市